「デッドマンズ・ドロップ」

デッドマンズ・ドロップ

地図、計画、
中に入る手段、
見つかるのはお宝だろうか?
それとも頭蓋骨の冷笑だろうか?


デッドマンズ・ドロップ



「デイドラの調査報告書:冷たい炎の精霊」

デイドラの調査報告書:冷たい炎の精霊

ドレッドの公文書保管人、デノゴラス著

普通の炎の精霊は、あのまぬけなマルキナズ・ゼクシルが宮殿の中で1体を召喚し、その熱が主のお気に入りの彫刻であったディロジーンの「氷の牙 その4」にダメージを与えて以来、我々の領域への出入りを禁じられている。だが彼らの追放は、我々の領域の注意深く均衡を保たれた美しい痛みに関する価値観に、測り知れない欠落を残した。言うなれば、我々の恐怖と絶望のコーラスには、ある声が欠けているのである。

認めよう。私は視野の片隅で跳ね回り、のたうっていた彼らのしなやかな姿が、一切の感情を示さず、ただ放火犯の渇望だけを表現していた彼らが恋しかった。そこで私は職場での任務に支障が出ない範囲で、追放された炎の精霊の代用品を、彼らの存在によって生じる魅力的な危険の代わりとなる、何か別の召喚可能な存在を探そうと決めた。

私は偽りの塔に保管されていた境界横断型スキャナーの予備を利用し、そのルクス下の疑似皮質の範囲内にあるオブリビオンの全ての次元を見渡す形で再検討を行う任務を自らに課した。37000以上の異なる次元や混沌領域、小現実をスキャンした後、私は探し求めていたものをDOP 9497.15、そこの好奇心の強い住人達には「タクバーの第四のくぼみ」として知られている場所に見出した。私は即座にその次元がDOP 6こと、全種族の召喚師に一般的な炎の精霊の住む次元として知られている「インファーナンス」が逆転し、熱を吸収するようになったものだと気が付いた。インファーナンスのすさまじい高温の世界では溶岩が水のように流れているが、タクバー(簡潔にこう呼ぶこともある)では岩盤が途方もない寒さにさらされることにより、物質同士の結束がするりと解け、石が冷たい溶岩のように流れるのである。

そのタクバーで、私はついに境界横断型スキャナーのレンズ越しに、昆虫のような目をした、冷たく青い炎を燃やしながら渦を巻いている精霊達の姿を目にした。探し求めていたものが見つかったのだ。

その後でインファーナンスの代わりにタクバーに向けてコロンの無条件召喚を行うのは、単純作業でしかなかった。私は7回の勤務の間に「冷たい炎の精霊」と呼べるものをコールドハーバーに召喚することに成功した。期待通り、これは不快な熱波を放つというよりは冷たい炎の精霊であり、その周囲では気温が急激に下がった。

これはもちろん大変結構なことだった。

行動に関して言えば、私の冷たい炎の精霊はすべての面で普通の炎の精霊と同じように行動した。そして彼らとまったく同じように怒りっぽく、自分を威嚇した者に青い火の玉を投げかけ、必要とあらば冷たい火柱を召喚した。これは以前コールドハーバーで彼らの火のようないとこたちがつとめていた空飛ぶ哨戒兵の役割を果たすのに最適であり、それが今、彼らが我々の主の領域で果たしている主な職務である。


デイドラの調査報告書:冷たい炎の精霊

デイドラの調査報告書:冷たい炎の精霊

「タムリエルの子供の動物寓話集」

タムリエルの子供の動物寓話集

シェーン・グロー・オラス著(賢そうだろ?はは!)

Aは二本足のトカゲ、アリットのA
トカゲを飲み込むには十分な顎の持ち主

Bはケチなデイドラの僕、バネキンのB
奴の主人達はオブリビオンにいる

Cは雪原の巨大な虫、シャウラスのC
ペットにしようとするな、手を切られるぞ!

Dは砂漠の奥深くにいるデューンリッパーのD
眠っているお前の足をしたからちょん切る

Eはエルフに愛されているイーグルのE
奴らはそのイメージで自分達を塗り固めている

Fは墓に出没する色あせたレイスのF
暗闇に潜み、お前に破滅をもたらす

Gはスカイリムにいると言われている巨人のG
巨人は毛に覆われたマンモスを飼っていて、一緒に行動していることが多い

Hは森の巨大なダニ、ホーヴァーのH
お前を捕まえて血を吸い尽すつもりだ!

Iは不愉快な害獣、インプのI
ひやかし目的で、お前を魔法で火あぶりにする

Jはバンコライを縄張りにしているジャッカルのJ
お前の目をむしり取るのに、丁度良い位置に口がある

KはモロウウィンドにいるクワマーのK
地下の奥深く、穴の中に住んでいる

Lは野生の蛇、ラミアのL
道に迷った小さな子供を狙っている

MはイラつくぐらいどこにでもいるマッドクラブのM
不潔で、不愉快で、醜くて、邪悪

Nは群れで狩りをする虫、ニックスハウンドのN
錬金術師はその肉を使って薬を作る

Oは頭の鈍いオーガのO
でもこいつに捕まれば、助かる見込みはない

Pはイノシシの親戚の豚のP
ウッドエルフは馬の代わりにこれに乗る

Rは暗い夜の象徴、レイヴンのR
私は彼女達の話を聞き、お前はそれを引用する!

Sは根であり、樹皮であり、大枝でもある、スプリガンのS
あの藪の中に隠れていて、今もお前を見ている!

Tは大きくてゾッとする甲虫、サンダーバグのT
そのハサミか、ギザギザの足でお前を捕まえる

Uは死霊術師の奴隷、アンデッドのU
奴らが墓から目覚めたら、大災害の訪れだ

Vはお前に穴を開けたがる、吸血鬼のV
なぜなら吸血症だからな

Wは光を発する悪魔の球体、ウィスプのW
後を追うな。追えば行方不明になるだろう

Xはデイドラの暗殺者、ズィヴィライのX
奴は通り魔のように、気まぐれにお前の首を切り落とす

Yはフォアベアー、ヨクアの軍馬のY
騎士の馬で、戦いに行く時に騎乗する

ZはゾンビのZ。こいつが最後にくることは予想できたんじゃないか?
走れ、歩くな。中にはかなり早いやつもいるぞ!


タムリエルの子供の動物寓話集

タムリエルの子供の動物寓話集

タムリエルの子供の動物寓話集