「ドラゴンガードの遺産」

ドラゴンガードの遺産

ブレイズの歴史家 キアサ・ヴェーダ著

子供たちが学校で教わる通り、第一紀2700年にタムリエル北部はアカヴィリの軍政に侵略された。強大な力を持つアカヴィリの戦士たちがスカイリム全土を破壊し、歯向かうものすべてを滅ぼしていった。そしてペール峠で、レマン将軍率いるシロディール軍に出会った。短い戦いの後、アカヴィリ軍はレマンにタムリエルで探し求めていたものを見つけたと言い、降伏した。

アカヴィリを自身の軍隊に加え、レマン将軍は進軍した。タムリエルの地をほぼすべて平定し、皇帝となって第二帝国を築いた。アカヴィリの戦士の中でも最も強く、賢い者たちがドラゴンガードとなり、皇帝レマン直属の軍となった。

続く200年の間、ドラゴンガードはレマン王朝を守護し、ドラゴンから直々に学んだという能力で代々の皇帝を守った。これはタムリエルの時代よりもずっと前から、アカヴィルに存在していたものである。

しかし2920年にレマン三世が暗殺され、レマン王朝(および第一紀)は終わりを迎えた。公式にはドラゴンガードは解散したが、一説によると、皇帝を守ることができなかった不名誉を恥じての解散とも言われている。しかしヴェルシデュ・シャイエが最高顧問としてルビーの玉座に就いた時、ドラゴンガードは非公式に再招集され、名誉ある護衛としてよりも、主に密偵部隊としての活動を担うようになった。

それ以外の元ドラゴンガードのメンバーはそれぞれ様々な道に進んだ。この中には元百人隊長、ディニエラス・ヴェスが立ち上げた組織に加わった者もいる。この組織は後に、戦士ギルドとして知られるようになった。また他の者は流浪の冒険者となり、戦闘の訓練士や傭兵として、自分たちの技術を売りながら生活するようになった。

その中の1人に、元ドラゴンガードであり、大師範としてだけ知られている者がいる。今ではその名前は記録に残っていない。新しい激動の第二紀に、彼は自ら古代アカヴィリの武術と秘術を存続させるべく伝えていく使命を負った。しかし、自らの技術を教える代わりに、教わった者がまた他の者へ、その技術を伝えていく条件を付けた。これこそ私たちが現在「ドラゴンナイト」と呼んでいる者たちの起源である。


ドラゴンガードの遺産

ドラゴンガードの遺産



「トカゲ」

トカゲ

ハティハ著

砂漠トカゲには注意すべきだ。毒を持っているのが2種。生きた肉しか食べないものが1種。しかし、他のトカゲは安全だ。

この者は、見た目で固体を判別するのはほぼ不可能だということに気が付いた。それぞれの性格を知ることでのみ掌握できる。

トカゲは辛抱強く接することで手なずけられる。慎重に近づき、小さな虫を与える(肉食のものに警戒すること)。匂いに慣れてくれば、そのうち従うようになるだろう。


トカゲ

「トゥワッカ、アーケイ、ザルクセス」

トゥワッカ、アーケイ、ザルクセス

タネスのレディ・シンナバー著

学者がザルクセス、アーケイ、トゥワッカの明確な類似点に注意を払うことは珍しいことではない(特に面白みのない、明白な事実の単調な列挙は、自慢屋の老人エリンヒルのファラスタス著「タムリエルの冥界神」を参照のこと)。大陸のほぼすべての文化において、これらの神々は何らかの形で崇められている。そう、ヴァレンウッドのウッドエルフが両方を信仰するように。短い論文になるが、この神々の起源についていくつかの質問を提起し、答えを得るものとしたい。

ザルクセスから始めよう。少なくとも歴史が記録されて以降は、アーケイとトゥワッカより以前から信仰されている。全てのアルドマーの種族の人生を記録するエルフの神ザルクセスは複数の創世記に登場しているが、そのほとんどが互いに矛盾する。これらの起源のいくつかは「偽」であるが、その多様性はザルクセスの様々な顔を示しているに過ぎない。

最もよく知られる2つの起源神話で、ザルクセスはアーリエルの世界の始まりからの出来事を彼のそばで記録する書記として、または高位の神により神に昇格した神話のアルトマーの、アーリエル司祭として登場する。後者の物語はエドラの直系の子孫であり、奇跡的状況において神格化し、地位を再度高められるというハイエルフによる解釈と一致している。

アルトマーにとって、ザルクセスの記録はただのエルフ個人の生涯の物語ではなく、彼らをその祖先に結びつける血と継承のつながりなのである。アルトマーにとって祖先が非常に大事であるように、ザルクセスの一番重要な役割はサマーセットの社会で地位と安定性を定義し、維持することであることがわかる。

アーケイは言うまでもなく、第一帝国の建国時に聖アレッシアによってシロディールで新たに解放された市民に示された、八大神の一柱である。八大神教会は、アレッシアは単に臣下にそれまで彼らを守っていた神を示していただけであるという、第一紀初めから今に伝わる書の断片の学術研究を公式見解として採用している。コーセイの「タムリエル論文集」はよく知られているが、私はさらにサンドララスの「ダロディール王の死の歌」の原本を研究する機会に恵まれた。この2つの対比により、以前はあいまいだった部分がはっきりし、結果として生じる説明は本論への刺激となった。

結論として、私はセドゥルスの推論である「アーケイの収束理論」を決定的にする十分な証拠を得たと信じている。八大神のアーケイがその起源ではエルフの神ザルクセスと、アトモーラに災いをもたらしたと言われる神オーキーの側面との融合であるというセドゥルスの提案は、読者のほとんどがよく知っていることだろう。私の死の歌の新解釈とその(以前はよく知られていなかった)「魂の指導の請願」のくだりで、霊魂を冥界に運ぶ者がエルフとアトモーラの神の両方の特質を備えていることがはっきりする。そして適切な母音推移をこの神の名にあてはまるとどうなるか?

答えは「トゥアーカ」だ。

それは必然的にヨクダの神トゥワッカを連想させる。いずれの種族の記録も諸島が沈んだ大変動の中で失われたために、どのくらいの数が彼をその名で崇拝していたかはわからない。老いたファラスタスでさえ指摘したように、アーケイとザルクセスがタムリエルの人間とエルフに果たした役割を、トゥワッカがレッドガードに対して果たしたのは偶然ではない。これらの神々は本当に神とは違うのか、それとも違う文化の中で違う名を持っていたが、違う側面をもって崇拝されていたのか?

ここからは学問ではなく、神学の領域を探求して答えを探さなければならない。


トゥワッカ、アーケイ、ザルクセス

トゥワッカ、アーケイ、ザルクセス

トゥワッカ、アーケイ、ザルクセス