「ロリアセルのキーストーン」

ロリアセルのキーストーン

噂は事実の根拠として扱われることはないが、過去へのパイプとして機能する。

遠い昔、先人達は博識で力を持っていた。沼地のあちこちに存在するピラミッド型の建物、ザンミーアはその構造の詳細が失われてから久しいが、彼らの創造物である。かつての先人達が建てた、先人達のマジカで満たされた建造物は大変見事である。

キーストーンは、多くのバルサエビクのアイレイドの遺跡で見つかるが、それも我々の先人が住んでいた土地に隣接する遺跡に限られる。苦痛や恐怖によって囚人から力を集めたというアイレイドの話で溢れており、そこにはストーンにマジカを注入する方法が示されている。つまり、そのストーンは事実上アイレイドのアーティファクトではあるが、元はアイレイドの物ではないのである。

このキーストーンには、我々の防衛の歴史と本質に関係するアルゴニアンのマジカが注入されていると考える。タムリエルの他の場所ではキーストーンは見つからない。それはアルゴニアンの歴史、さらに言えば我々の未来に繋がっている。

シャドウフェンにあるロリアセルの遺跡から3つのキーストーンが回収され、研究のため分析された。残念なことに、最初に分析を手掛けた人々は精神的に不安定な状態となり自殺してしまった。コスリンギのような特定の人々だけが負の効果を受けることなく少しの間それを扱えるようだ。

キーストーンのもう1つの側面、それは私の経験上大変珍しく――


///メモ///
シャドウフェンのホワイトローズ牢獄のダンジョン、シャドウフェンのズーク
シャドウフェンにはいくつか、キーストーンに関連するクエストがある。

ロリアセルのキーストーン



「怒りの憤怒」

怒りの憤怒

どれだけの間、ここに捕らわれているのだろう?

日々、心が弱っていくのを感じる

いつもこんなにも怒っている…できない…


///メモ///
シャドウフェンのホワイトローズ牢獄のダンジョン
キーストーンを探すクエストで入る。牢獄に捕らわれたまま放置されていた捕虜達はキーストーンの力によって「野生化」したらしい

怒りの憤怒

「闇の夫」

闇の夫

セクンダがマッサーに従うように、シシスは夜母に従う。夫は追いかけるが、彼女はほとんど立ち止まらず、かれを影の中に永遠に置き去りにする。

シシスはいくつもの名前と何人もの親を持っている…あるいはまったく持っていない。しかし彼の牙は…シシスの牙は噛みついてくる。彼らは意志の弱い者、愚か者、強欲な者、頑固者に毒を盛ることを特に好むが、強い者や賢者を殺すこともできる。

影で生まれた者、そしてその力を使おうとしているすべての者に用心しろ。我らの祖先の失墜はシシスの牙に関わっており、彼に触れられたせいで我々の鱗は未だに暗いままだ。


///メモ///
シャドウフェンのサンスケール・ストランドにあるサンスケール遺跡
アルゴニアンの遺物「シシスの牙」を探すクエストに関連する本

闇の夫

この本の画像を全部見る

「ドミニオン部隊への将軍指令719a」

ドミニオン部隊への将軍指令719a

アルゴニアンの村や集落の襲撃時は、集落の境界内中央にあることが多い巨大な木に注意するように。アルゴニアンがヒストの木と呼んでいるその木を襲撃すると、あの冷血な種族が猛烈に怒り狂う可能性がある。その木は彼らの交配の儀式とライフサイクルに関わっており、それゆえ理解はできる。

しかし彼らの怒りに関して考慮する必要はない。司令官の命令なしに、ヒストの木を損傷あるいは破壊することは厳しく禁止する。泥と虫と鱗肌だらけの集落では、ヒストの木以外に価値のある資源がないことがほとんどだ…そしてそのヒストの木は、非常に貴重な物だ。

すべての種撃部隊は土木工兵の構成部隊を含むこと。掘削部隊ではなく、木の工兵部隊だ。武器はチューブ、パイプ、ドリル、携帯用の蒸留器などだ。任務はその木から「ヒストの樹液」をできる限り収集することだ。さらに、樹液はすぐに腐ってしまうため、蒸留が終わるまで必ず工兵部隊を護衛すること。

アルゴニアンのすべての村からヒストの樹液を収集できなければ遠征自体の失敗を意味するため、油断しないように。ドミニオンに失敗は許されない。


///メモ///
シャドウフェンの野営地マーシフル・リダクション
見捨てられた村を襲ったドミニオン軍の野営地

ドミニオン部隊への将軍指令719a

この本の画像を全部見る

「ヒストの略奪者」

愛しいデヤバ、

シャドウフェンの至る所で起きた同胞の死を報告しなければならず非常に残念だ。侵略者共が根や枝を焼き焦がすという冒涜を行い、同胞達が燃え盛る森で枯葉のように落ちていく。

聖なる木から集めたヒストの樹液を使ってドミニオンが何をしようとしているのかはわからないが、君に警告しておかなければならない。次は人里離れた君の集落かもしれない。樹液を抜き取られたヒストの木の血の跡がシャドウフェン中に塗りつけられており、止まる気配がない。血の跡の上を這う赤い蟻。それが奴らだ。奴らに捕まらないようにしてくれ。


///メモ///
シャドウフェンの見捨てられた村
木の番人の亡霊に頼まれて、死してなお亡霊として村に留まっている住民たちの魂をヒストに送るクエストに関連する手紙
村の惨状はヒストの樹液を得ようとしたドミニオン軍によるものらしい

ヒストの略奪者

「ドリルクの日記」

ドリルクの日記

-第二紀561年 行政の月15日

1週間前、ズークは栄えていた。今日は私しか残っていない

家族や友人が、この恐ろしい病に枯れ果てていくのをなすすべもなく見守った。私には免疫があるのか?病に負けるのは時間の問題なのか?この日記ももうやめよう

-日付不明。何年だ?動揺し怒っている

ドミニオンの部隊が近くの遺跡に移動し、私の仲間の遺灰を汚している!彼らと対決しなければ。死者に敬意を払うよう要求しよう。彼らが探しているのが何であれ、ズークの廃墟からは見つからない。不法に立ち入る彼らに、疫病の災いがありますように!


///メモ///
シャドウフェンのズーク
キーストーンを探すドミニオン軍に占拠されたズークで、コスリンギのドリルクを救出し、ドミニオンより先にキーストーンを探すクエストに関連する本


ドリルクの日記