「クワマーの採掘の楽しみと利益」

クワマーの採掘の楽しみと利益

フラール家のドレイン・レダス著

クワマー鉱山を開拓し維持すれば利益が得られるだろう。さらに重要なことは、それぞれがクワマーとクワマーの環境条件について時間をかけて学べば、もっと利益が上がるだろうということだ。クワマーとは、卵鉱山と呼ばれる地下に作られたコロニーに生息している巨大な虫だ。卵はすべてのクワマー鉱山にとって主要な収入源だが、鉱山で算出できる生産物は決して卵だけではない。クワマーのカトル、スクリプのゼリー、スクリプジャーキーなどがすべてクワマー鉱山にとっての収入源となる。

クワマー鉱山に着手するにあたって:
1a.野生のクワマーコロニーを見つけ出して手なずける(難易度は高い)、あるいは
1b3.過剰供給状態の鉱山から余ったクワマーを購入する(高価である)
2.クワマーの匂いが体にしみ込むまでコロニーの近くに住む
3.クワマー・クィーンの部屋には決して近づかない
4.卵を集めカトルを集める
5.利益を計算する

その名前に反して、クワマー鉱山は生きた生物から構成されている。賢明かつ控え目な維持を行えば、中規模の鉱山から貴重なクワマーの卵を大量生産できる。さらに、クワマー鉱山では味のいいスクリプジャーキー、すっぱいスクリプのゼリー、錬金術師に評価が高いクワマーのカトルの生産も可能である。

クワマーコロニー:利益が見込める鉱山を手に入れるには、まずは健康なクワマークィーンと大量のクワマー・ワーカーを確保することだ。クィーンは鉱山の最奥部にある部屋で卵を産む。クワマー・ワーカーたちが卵の世話をし、必要な空間や環境条件、卵の発育状況に合わせて様々なトンネルや部屋へと卵を運ぶ。クワマー・ワーカー達は、鉱山のための食べ物の生産、クィーンの給餌や洗浄、コロニーの発達に合わせた鉱山の拡大なども行う。普段の仕事をしていない時、クワマー・ワーカー達は発展し続ける迷宮のごとき鉱山の中に新たな部屋やトンネルを掘ることもある。クワマー・ワーカーは普段は大人しいが、威嚇や攻撃を受けたりクィーンが危険に晒されると狂暴化する。

クワマー・ウォリアー達はコロニーを守っており、危険を察知すると迅速に対応する。攻撃的で極めて危険なため、慎重に丁寧に扱わなければならない。クワマー・ワーカーが四足歩行なのに対し、クワマー・ウォリアーは二足歩行で非常に強力である。

スクリプは、鉱山労働者が未熟なクワマーと呼んでいるように、クワマーコロニーの中を自由に動き回る。鉱山では通常スクリプの群れを2つのグループに分ける。ワーカーやウォリアーに成長させるグループと、ゼリーやジャーキーにするため幼いうちに捕獲するグループだ。スクリプのゼリーは食料源など様々な用途に使用されるが、薬を作り病気を治癒するための重要な材料として錬金術師に重宝される。スクリプの薄切り肉を乾燥させて作られるスクリプジャーキーには多少の回復効果があり、ダークエルフの料理専門家のあいだで大変美味だと評判である。

クワマー鉱山の入手:設置済みの鉱山からクィーンとクワマーを購入する際にかかる法外な料金を支払いたい人はいないだろうから、まずは野生のコロニーを見つけ出して手なずける必要がある。しかしこの方法でも資金が必要ないわけではない。野生のコロニーの探索へと本格的に着手する前に、鉱山オーナー志願者はフラール家からライセンスを購入する必要がある。

有望なコロニーを見つけても、すぐに中に入って営業開始というわけにはいかない。鉱山労働者がコロニーの狂暴な戦士達によって始末されてしまうだろう。そのための解決法がある。順応することだ。順応作業には時間がかかるが、時間をかけてコロニーを慣れさせ、中に入っても不快だと思わせないようにすることで、(コロニーのメンバーと鉱山労働者両方の)負傷者や死者の数を最小限に抑えられる。鉱山労働者がその辺りのクワマーと同じ匂いを発するようになれば、ウォリアー達は彼らをコロニーの仲間だと認識するようになる。

卵の捕獲:クワマーの卵の実際の「採掘」には、技術はそれほど必要ない。鉱山労働者は仕事を行うための根気と常識を持ち合わせていれば十分だ。卵の捕獲者にはバランスを見極める目が必要だ。卵を多く取りすぎるとウォリアー達やクィーンを刺激してしまう可能性がある。少なすぎると、クィーンの卵産出量が減少してしまう。鉱山管理者はクィーンの卵産出量が多すぎたり少なすぎたりしないように、注意深く目を配らなければならない。産出量が大幅に上下してしまうと利益に影響が出て計画を立てるのがより困難になる。避けなければならない。

クィーンの部屋には決して近付かないこと。クィーンに近付くといかなる者もクワマー・ウォリアーとクワマー・ワーカーによって脅威と見なされ、適切な対処をされる。コロニーに混乱が起こってしまうと鉱山労働者が安全に鉱山に入れず、生産を中止せざるを得ない。コロニーで暴動が起きている際に鉱山労働者を何人か失ってしまうかもしれないが、ここで忘れてはいけない最も重要なことは、クワマーはいずれ落ち着きを取り戻し、鉱山労働者が中に入っても再び受け入れるようになるということだ。

注意:フラール家の卵鉱山ライセンス取得後は、定期的に生産高を報告する必要がある。遵守できなければ制裁措置や罰金が課せられ、鉱山の閉鎖を強いられる場合もある。そうなるとつまらないし、当然儲けを出すこともできない。


クワマーの採掘の楽しみと利益


この本の画像を全部見る

「オフログの日記」

オフログの日記

記録357
シャクルにまたしても拒否された。いつかグラーウッド一の魔術師になってみせるという僕を、彼女は鼻で笑ったのだ。まあいい。大学に入ってからわずかな期間で、僕がどれだけの力を身につけたか見せつけてやるつもりだ。明日、新しい跳躍呪文を披露する。そうすれば彼女だってイチコロさ!僕の偉業は向こう何年も語り継がれるだろうし、僕はたった一度呪文を唱えただけで、シャクルの気持ちを勝ち取るだろう。

記録358
いよいよだ!砦のみんなが見守るなかで、呪文を披露する時が来た。シャクルを驚かせることができたら、鍛冶場の作業を手伝わせてもらう約束だ。少しもったいぶってから、二言、三言唱える。次の瞬間、僕はもうロングハウスの屋根の上にいる!さあ、もう間もなくだぞ。

記録359
計画通りには行かなかった。今、僕は猛スピードで宙を飛んでいる…それも、見るかぎり、一番高い山々のはるか上空をだ。地形がどうなっているかも、よく分からない。待てよ…どうやら下降しているようだ。先生に教わった軟着陸の呪文を、ちゃんと思い出せるといいんだが…


///メモ///
シャドウフェンの沼地に死体とともにあった


オフログの日記

「軽蔑の儀式」

軽蔑の儀式

あのゴミ漁り共をまとめて刺し殺し、焼き殺すことができればこれほど喜ばしいことはないだろうが、手を見つけなければ!この臭い場所を取り囲んでいる、ゴミと残骸の中から我々を呼んでいる声が聞こえる。

何とかして味方を招集しなければ。手の存在を伝えれば彼らもここに残って捜索しやすいかもしれない。あるいは彼らも手に惹かれるかもしれない。

しかし私はここに残ることができない。あの忌々しい鱗肌がそこら中にいる。奴らの汚い爪に流し込まれたものの正体がばれる危険は冒したくない。


///メモ///
シャドウフェンのクサル・サク
狂暴化した沼の野生動物の問題を解決するクエストに関連する。
原因はデイドラ公ナミラで、「手」とはクエスト中に出てくるナミラの手だと思われる。

軽蔑の儀式

この本の画像を全部見る

「オリーンラからの手紙」

オリーンラからの手紙

卵の姉妹へ

雨が石を叩く中、これを書いています。雷が聞こえるのに、空に稲妻は閃かない。じつに奇妙な嵐です。

本当はマッドツリーを通りたかったのだけれど、悪天候と旅の困難から、仕方なくオルテン・コリモントを抜けることになりました。ヒスミールに着くまで手紙を書けるとは思っていなかったので、遠回りをすることになって却って良かったと思っています。

嵐が強まってきました。暗闇にうごめく怪物たちの話をしている者もいますが、私に言わせれば的外れです。ここらの怪物たちは浅瀬で息をひそめて獲物を待ち受けます。草むらをかき分けて襲いかかってくることはないし、夜空に向かって吠えることもありません。シシスが私たちをお召しになるなら、その近づく音は聞こえないでしょう。

まぶたが湿った木の枝のように垂れさがってきました。もう休まなければ。ティーマタによろしく。あなたの行く道が実り多く、太陽の接吻を受けるものでありますように。

潤いを保たれますよう。

オリーンラ


///メモ///
シャドウフェンのクサル・サク

オリーンラからの手紙

この本の画像を全部見る

「アイレイドの蔵書庫?」

アイレイドの蔵書庫?

…このアイレイドの遺跡を探検し始めた…いくつかのエリアに大量の本棚が壁に沿って並んでいる。不幸にも、取り出そうとしたら書物は粉々になる…知識が時と共に失われると考えると悲しくなる。

…ネールに触れないよう言った、そして今…変な音が墓から聞こえる…すぐ近くで何かが手探りしているような音が…立ち去る前に何を収集できるか調べてみよう…死者が立ち上がる、出口が見つけられない。


///メモ///
シャドウフェンのガンドラネン遺跡

アイレイドの蔵書庫?

「アルゴニアンの日記のページ」

…沼の北の…を探したが何もなかった。だがまだあき…はいない。地元生まれのアルゴニアンはその件についてなかなか話してくれないが、バルヴィンの…謎の脅威の…とタイミングのよい賄賂によって明らかになったのは、シャドウフェンの多くのザンミーアが…入り組んだ洞窟の上に作ったということだ。

…の絞り込みはまだだが…探しているアーティファクトは…これらの遺跡の中に埋もれていると信じている。バルヴィンは…だから私はためらっている。もし古代の…大きな危険になりかねない…


///メモ///
シャドウフェンのガンドラネン遺跡

アルゴニアンの日記のページ

「未完の手紙」

愛しきダリイ、

鉱山での労働はとても厳しく給与はあまり見合っていないけど、いい知らせがある!作業長が担当者を買収して、現場にクワマーが来たんだ。卵もたくさんある。だから、やっとまともな食事ができるよ。

すぐ会えることを願っている。


///メモ///
シャドウフェンのオンコブラ・クワマー鉱山

未完の手紙

「避難命令」

避難命令

ホワイトローズ牢獄からの引き揚げのため、衛兵は全員荷物をまとめて夜明けに中庭に集合すること。我々は首都のさらなる安全対策のため、故郷に戻る

囚人については心配要らない。彼らをここに縛りつけるキーストーンのおかげで、どこへも行かない。装備と持ち物をまとめ、夜明けに旅する準備をするように。明日我々は、シロディールへ向けて出発する

管理責任者 ポルシウス・シセンナ


///メモ///
シャドウフェンのホワイトローズ牢獄
キーストーンを探すクエストに関連する手紙。牢獄に捕らわれたまま放置されていた捕虜達はキーストーンの力によって「野生化」したらしい


避難命令