「ドミニオン部隊への将軍指令719a」

ドミニオン部隊への将軍指令719a

アルゴニアンの村や集落の襲撃時は、集落の境界内中央にあることが多い巨大な木に注意するように。アルゴニアンがヒストの木と呼んでいるその木を襲撃すると、あの冷血な種族が猛烈に怒り狂う可能性がある。その木は彼らの交配の儀式とライフサイクルに関わっており、それゆえ理解はできる。

しかし彼らの怒りに関して考慮する必要はない。司令官の命令なしに、ヒストの木を損傷あるいは破壊することは厳しく禁止する。泥と虫と鱗肌だらけの集落では、ヒストの木以外に価値のある資源がないことがほとんどだ…そしてそのヒストの木は、非常に貴重な物だ。

すべての種撃部隊は土木工兵の構成部隊を含むこと。掘削部隊ではなく、木の工兵部隊だ。武器はチューブ、パイプ、ドリル、携帯用の蒸留器などだ。任務はその木から「ヒストの樹液」をできる限り収集することだ。さらに、樹液はすぐに腐ってしまうため、蒸留が終わるまで必ず工兵部隊を護衛すること。

アルゴニアンのすべての村からヒストの樹液を収集できなければ遠征自体の失敗を意味するため、油断しないように。ドミニオンに失敗は許されない。


///メモ///
シャドウフェンの野営地マーシフル・リダクション
見捨てられた村を襲ったドミニオン軍の野営地

ドミニオン部隊への将軍指令719aドミニオン部隊への将軍指令719a