「エルフの建築術についてのメモ」

エルフの建築術についてのメモ

石工ギルドの歴史家ガスティヌス・フロラス著

優雅にそびえ立つ、あるいは動きがなく変わり映えしない。ハイエルフ建築はリーチの民の饗宴における彩色された牛のように、インペリアルの評論家たちを二分している。カーブのかかった切妻や尖塔は高さを強調し、巨人も頭を付けるのに苦労するであろう天上と、天空に向かった誇らしげに伸びる屋上がそれに続く。こうした建築物は「ハイエルフ」の姿の視覚的反映であり、彼らは自分たちの建築物を他種族の住まいと対照づけようとしているのである。

歴史家の中でも感覚の鋭い者たち(たとえばスキングラードのカンタベル・コンゴニウスなど)は、アルトマーとアイレイドの住居の比較における明確な類似に気づいた。彼らは祖先を共有しているのだから、その類似は見逃しようがなかった。アイレイドがサマーセット諸島を去った時、アルトマーは留まった。それでも彼らの建築物は多くの共通する要素を持っている。証拠が欲しければ、ブラヴィル付近の遺跡を歩いて、スカイウォッチの絵画と比べてみればいい。細かな違いはそれほど明確ではない。アルトマーはお高くとまってはいるものの、その傲慢さはアイレイドのように有害なレベルにまで落ち込んではおあらず、オーリドンのより洗練された建物の数々がそれを反映している。

このような建築デザインの起源は古く、長年培われてきた方法を用いているが、時代遅れの域には達していない。アルトマーは確信よりも改良を追い求め、大規模の変化にはうぬぼれにも似た反抗を示しつつ、細かい調整で満足している。その結果は高度に洗練された正確さと調和、そして古風な構成の選別と反復が示されるのである。


エルフの建築術についてのメモ


この本の画像を全部見る

「ヴァレンウッドのウッドエルフ」

ヴァレンウッドのウッドエルフ

アルトマーやダンマーなどの親戚とは異なり、ボズマーは他と比べると気さくと言えるほどの態度を持っている。インペリアルの外交官の中にはこの陽気な愛想のよさを、グリーンモート中毒者が初期に経験することのある、あのまろやかな酩酊に喩えている者もいる。しかしこれをカジートのスクゥーマ中毒者と同類のものとみなすような、早まった真似はしないほうがいい。この木の民は盗みにかけては意地が悪く、抜け目がない。尊敬とは言わないまでも、注意には値する存在である。

ボズマー族の統治は、このゆるやかな覇権を統治と呼べるなら、カモラン王朝によって行われている。だが、組織されていないボズマーの部族間で、司法の厳格かつ強制的な執行が見られることは稀である。それよりも多少厳格なのは、母系を基本とするクランの血縁である。木の従士、あるいは部族の長の支配は、戦時下における防衛以外の目的をほとんど持っていない。真の権力は「紡ぎ手」として知られている森の女神イフレの司祭たちが握っており、彼らはグリーンパクトと呼ばれる、ボズマーに肉食と、種類を問わず生きている植物はいかなる手段にも使用しないことを強制する、奇妙な行動原理を守らせている。

彼らは森のニンフなどではない。ウッドエルフが戦争に赴くのは、土地を支配するためでも貴重な資源が欲しいからでもなく、スポーツとしてである。ヴァレンウッドが脅かされでもしない限り、ボズマーは他者を殺すことを単純に不必要と考えている。貴重品の窃盗に関しては盗難以前に誓いが交わされ、一滴の血も流すことなく解決する。しかしやむを得ない場合、彼らは弓に卓越した能力を示す。若者は射程とスピードを活かした、驚くほど高度な狙撃訓練を受けている。アレンシア近くの森を歩く時は、財布やカバンを手元から離さないようにし、ボズマーの悪党は地元の街の警備員に報告することだ。


ヴァレンウッドのウッドエルフ

この本の画像を全部見る

「ヨクダのナ・トタンプ」

ヨクダのナ・トタンプ

ラ・ガーダが海を渡りハンマーフェルの浜辺へ来る何世紀も前に、現代のレッドガードの人々の先人達はヨクダの大陸に住んでいた。ナ・トタンプとして知られているヨクダの人々の支配層は王の議会で、それぞれの国は現代ですら未知である冶金学術、農業、そして造船業において優秀な進歩をなした。

ヨクダの大陸が巨大な洪水の波の下に沈んだ時、ナ・トタンプは恐ろしいラ・ガーダとなり、政府組織と生き残った人々に海を渡らせて移住させた。大洪水によって彼らは消耗していたが、レッドガード人はもう一度彼らの国家を設立するために砂漠と丘を切り開き、難なくブレトン、アルトマー、そしてオークを征服した。

数十年が経った頃、ナ・トタンプの影響力は次第に衰え、レッドガード社会は2つの主な文化派閥に分裂した。一般的に2派閥の内で比較的順応性が高いと考えられているフォアベアー派は、以前の敵と交易を開き、海港を維持した。内陸のクラウン派はなおも大きな力を持ち、古代ヨクダの信条に強く固執していた。

この狂信的な崇拝にもかかわらず、多くのヨクダの知識は時と派閥間の確執と共に失われた。最も古いクラウンの学者達は、現代のレッドガード人を単なる先人達の文化の影に過ぎないと辛辣に批判する。


ヨクダのナ・トタンプ